忍者ブログ



JO3GBD
JO3GBD HomeJO3GBD - ブログ >[カテゴリ別]

JO3GBDアマチュア無線局長のブログ。無線、UD、IT、家電、電子工作、IchigoJam、IchigoHam、その他もろもろ。

カレンダー

06 2019/07 08
1 2 3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ&サイト内検索

最近の記事

最近の動画

hamlife.jp

リンク

にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


楽天で探す
楽天市場

先日のMaker Faire Kyoto でゲットした戦利品のひとつ、IchigoJam Thingsのキットを組み立てました。
まんまでは何ですので、タクトスイッチとLEDはKitの部品とは別の手持ち品を使ってちょっとしたオリジナリティーを。


それだけでは許してはいただけないことはわかっておりまして、Thingsにパターン配慮されてる128x64 液晶(SPI)接続にトライするミッション(?)を遂行しました。

LCD結線用の8ピンソケットを取り付けるのですが、開発者の方から「キーボードコネクタにショートしないように注意して接続」とのアドバイスを頂いていました。ピンソケットはL型を使用。キーボート用USBコネクタの下になるリードは短く切ってから半田付して、その後にUSBコネクタ(に絶縁テープを貼って)を基板に半田付しました。


使用するLCDはいつぞやPCN フラッグシップ秋葉原 BY ASSEMBLAGEで購入したAitendoのCH12864F-SPIです。

結線はオス―メスのジャンパーワイヤーでストレート結線しました。※1
(VSSとCS端子をクロスしなければ と一瞬戸惑いましたが、両端子共にGNDですので)





テスト用プログラムに入れて、恐る恐る実験を・・・
電源ONして 「SWITCH1」と入力して(F10キーでもOKです)・・・ 動画をご覧ください。


OKっぽいですね。Thingsの基板に配慮されておるLCD用コンデンサ(C5)は実装無しのままです。

なお、動画でLCDの下部の方に横筋状のドット欠けが出ていますが、LCD個体の問題ですのでお気になさらないでください。(LCDモジュール内部のHMF接続不良のようですが、分解・修理する自信がないのでそのままにしています。)


※1:バックライトが眩しく、電流も結構食ってるので、今度、LEDAラインに電流制限抵抗を入れようと思います。
※2:2019/5/8追記:バックライトLEDの電流を計ったら100mA近くありました。眩しさ低減とLDOの保護のためにもLCDAラインに100Ω程度の抵抗の接続をお勧めします。


IchigoJam Thingsの写真です。











#IchigoJam #自作室
PR
    



今日のMaker Faire Kyoto2019にて、本日発売されたIchigoJamThingsを購入しました!

IchigoJamThingsって、実は2017年の福野さんのエープリルフールねただったのですが、IchigoTeam Iseさんによって本当に開発されたものです。
開発者の方のお話も聞けて大変勉強になりました。ありがとうございました。


手前の黒い基板は、IchigoJamThingsの上に重ねるユニバーサル基板で、いつかIchigoJamThingsが現実のものになると信じて2年前に作っておいたものです。そして、ようやくこの基板の活躍の場ができました。

これでまた自作のバリエーションが増えそうです。


#MFKyoto2019 #IchigoJam 自作室
    



今日のMaker Faire Kyoto2019での戦利品です。


・CardキーボードとArduino PRO-MINIは、大先輩から譲り受けたものです。共に気になっていた一品です。ありがとうございました。キーボードは小型でいいのですが、使いやすくなりような工夫を考えたい思いました。

・マトリクスキーボードと無接点ボタン(LED付)は、共立電子ブースでの衝動買いです。ちょっとひらめいてしまいまして・・・

・そして、本日発売! IchigoJamThings!・・・これについては、その(3)で触れますね。

#MFKyoto2019 #自作室
    



FaceBookのIchigoJam-FANグループの「オールインワン・超ミニマムサイズIchigoJam」の投稿を拝見して、私も超小型・オールインワンのIchigoJamに挑戦してみました。

無理やりですがペットボトルキャップに入れ込みました。

外部入出力 モニタ、キーボード、電源の接続は(コネクタを使用せず)思いきって中継ケーブル方式にした。
ブザー 小型(直径10mm)の圧電ブザーを基板に直接取り付けてL型に曲げておさめた。
ボタン タクトスイッチを2ピンヘッダに半田付けし、ピンソケットに挿した。(取り外しも可能) 
ケース ペットボトルキャップに切欠きを入れ、カバーとして使用。














#IchigoJam #IchigoHam #自作室
    



基板とIchigoJamで遊んでみました。


REIWAですね。

-・・・-

全体写真


サーボモーターは
100円ショップのスマホ用カメラ三脚と消しゴムで固定


実はこれも自作品です


IchigoJamは自作の超小型版を使用




プログラム



#IchigoJam #自作室
    



前回のIchigoJam用自作ユニバーサル基板が着弾!の記事で、「シルク印刷で無理やり入れた信号名の文字が小さすぎてつぶれて読めません。」で、一旦あきらていました。が、コメントもいただきまして、文字に工夫をしてなんとか読めるようにと再度出図した基板が着弾しました。


手前が今回、奥が前回版に基板

拡大すると


ロングソケットを挿しても




小さいながらも信号名が見えますし判別できますね。

なかなか。
「やればできる!」ではないですか?

ところが、ところが・・・再着弾した基板を裏返すと


なんとまあ、裏面の信号名を入れるのを忘れているではありませんか。

何故に出図前に気が付かなかったのか? ・・・

最近「加齢のせい」で片付けてしまうことが多くなったように思えます。Hi!


ともあれ、ユニバーサル基板ばかり作っても仕方がないので、このユニバーサル基板を使ってアマチュア無線関係の大作!?を自作する予定をしています。

以前の記事から自作の構想写真です。




#IchigoJam #IchigoHam #自作室
    




IchigoJamを組み込みで使うための小さな基板の第三弾。
あれこれと考えてしまい時間がかかりましたが、きりがないので、この内容で出図をしました。

2.3㎝角の小型サイズながら、今回の第三弾では、
・レギュレータICを実装し5V駆動に対応。
 (レギュレーターICを実装しなければ3.3V駆動も可能)
・I2C端子をフル対応
・PS2キーボード接続端子対応(要は5V端子が追加)
・ブザーとボタンも(無理やりですが)載せれるようにしました。


はたして上手く動くでしょうか? 基板の到着が楽しみです。



-・・・-
ご参考)これまでの組み込み用基板



ご参考)これまでの組み込み例。



#IchigoJam #IchigoHam #自作室
    



先日、IchigoJamのPWM出力でブザーを鳴らす技をご教示いただいたので、ちょっと遊んでみました。

なお、ブザーはOUT5とGND間につなぎかえています。



5 'ワレワレハ ウチュウジンダ
7 '(ブザー ハ OUT5-GND ニ ツナギマス)
10 LET[0],10,159,15,20,159,15,30,159,15,40,159,15,50,159,15,0,0,30,50,159,15,60,159,30,70,159,15,80,159,15,90,159,15,0,0,60
20 FOR I=0 TO 33 STEP 3
30 PWM 5,[I],[I+1]:WAIT [I+2]
40 NEXT


#IchigoJam #自作室
    



IchigoJamのファームウェアの新バージョン(ver. 1.3.1)がリリースされました。手持ちのIchigoJam SとTのファームアップグレードをしました。


(公式サイトからファームウェアをダウンロードしてバージョンアップ)



新バージョンについてはこちらのプレスリリースに詳しく説明されています。

IoT関連の強化はIoTプラットフォーム”sakura.io”を持っていないのでピンときませんが、IchigoHam 関係では、処理の高速化はエレキーとか用途で効果を発揮しそうですし、カタカナのローマ字入力の改善は和文モールスの関係で何かできそうな予感がします。

それと、嬉しいのはRENUMのグレードアップで、思いつきコーディングの私にはきっちりしたプログラム行番号の整頓は大変重宝します。

追々、いろいろ試していきたいと思います。



    



IchigoJam の最新版「IchigoJam S」をようやく組立を行いました。
というのも、ハーフキットを購入してから3か月も封を切っていませんでしたので。

Sの発売開始後、もう半年も経っており、この期に及んで感が否めない組立コメントになりますが・・・
IchigoJam Sは前衛版のTに比べて、同梱されている資料も充実され、スイッチの半田固定やのOn-Offのシルク印刷の追加などの改善がなされていました。基板はVカット綴り基板になったようですのでエッジを軽くやすりをかけると良いようです。

難なく、組立て(半田付)し完成しました。


ご察しの通り、奥に写っているには歴代のIchigoJamです。上の写真をズームアウトしますとこうなります。

左奥から、初代IchigoJam、IchigoJam U、IchigoJam Tで、手前がIchigoJam Sです。

別段、IchigoJamのコレクションをしている訳ではないのですが、最近話題のSeriaの小物整理ケース”SHIKIRI” に手持ちのIchigoJamを入れてみました。



ところで、Sの次バーションの仮称)S^2の話題をSNSで見受けましたが、S^2を何故か「エススクエア」と読んでしまいました。そんな感じの名前の何かがあって連想したのだと思うのですが、それが何かが思い出せませんでして。(笑)

そんな折、Sを購入後まだ組み立てていないのを思い出して、久々に半田ごてを握った次第です。


    





にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 アマチュア無線へ

このブログのTopへ


------こちらもよろしく!------

ハム川柳.詠み人知らず.com
ハム川柳.
詠み人知らず.com

カムバック・ハム・
ハンドブック

JO3GBD
ホームページ


最近の記事


  • 本ページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁止します。
  • 本ページの内容を予告なく変更する場合があります。
  • 本ページに掲載されている内容のご利用に関してはご自身の判断と自己責任でお願い致します。
  • このホームページはリンクフリーです。
  • Copyright (C) 2005-2018 JO3GBD.  All rights reserved.

トピックス

新刊:CQ ham radio カムバックハム全集

便利な検索窓集

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このブログを検索


免許情報楽ちん検索
© JHøMGJ

QRZ callsign lookup:
Callsign lookups provided by qrz.com

楽天で探す
楽天市場





















  • 本ページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁止します。
  • 本ページの内容を予告なく変更する場合があります。
  • 本ページに掲載されている内容のご利用に関してはご自身の判断と自己責任でお願い致します。
  • このホームページはリンクフリーです。
  • Copyright (C) 2005-2019 JO3GBD.  All rights reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]
  • CQ ハム アマチュア無線