忍者ブログ



JO3GBD
JO3GBD HomeJO3GBD - ブログ >[カテゴリ別]

JO3GBDアマチュア無線局長のブログ。無線、UD、IT、家電、電子工作、IchigoJam、IchigoHam、その他もろもろ。

カレンダー

09 2019/10 11
1 3 4 5
8 9 11 12
13 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ&サイト内検索

最近の記事

最近の動画

hamlife.jp

リンク

にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


楽天で探す
楽天市場

< ユニバーサル基板への組込み用に特化した2.3㎝角の小さなIchigoDake相当の基板の製作記事です 。>


Lチカに成功したので、次はキーボードとモニタの接続をしてみます、とは言っても、この基板には接続端子がありませんので、横着をしてIchigoIgaiを介して(ヤドカリをして)つなぐごとに。

で、そのための変換基板(下駄基板)を作りました。

本来IchigoDakeが居る場所を譲ってもらって、IchigoIgaiに挿入してこんな感じになりました。


キーボード、ビデオモニター、ブザーとも問題なく動作しました。

真ん中が変換(下駄)基板です。(左がご本家のIchigoDake、右が今回の組込み用基板)


裏側の配線です。



変換基板に使った主な部品:
ユニバーサル基板 3.3cm角・12x12孔
USBプラグ基板(2個) USB Aオスを模した基板、
aitendoで購入
http://www.aitendo.com/product/12513
ピンヘッダ 12ピンストレート
USBプラグ基板用
内4ピンはカットして使用
ピンヘッダ 12ピンストレート
基板接続用
(両側の各2ピンはガイドとして使用)
ピンソケット 8ピンL型
基板接続用
(基板側にピンヘッダ時に使用)


ところで、今回はとりあえず、基板のスルーホールとピンヘッダをコネクタ代わりにこんな接続をしましたが、これは電子工作的には反則ですね。


今は大丈夫でも、繰り返し使ううちに接触不良になります。
真似をされる場合は自己責任でお願いします。(これに限った話ではありませんが)


- その5へ続く -

#IchogoJam #IchigoHam #自作室 #電子工作
PR
    



< ユニバーサル基板への組込み用に特化した2.3㎝角の小さなIchigoDake相当の基板の製作記事です 。>



部品実装の次はファームウェアの書き込みをします。
パソコンのUSB延長ケーブルに基板をケーブル接続したUSB-シリアル変換器をつないで、


このときISP端子はGNDに落としています。

Flash Magicでファームの書き込み、


ファームウェアの書き込み完了!

次に、ISP端子を開放して 今度はTera TarmでCOMポートからIchigoJamを駆動。


ほっ! この画面が出たので一安心。

そして、ここでお決まりのLチカを、
(※Lチカ:LEDをチカチカ光らせるテストプログラムのこと)


Lチカ成功!

今のところ順調です。

- その4へ続く -


#IchogoJam #IchigoHam #自作室 #電子工作
    



< ユニバーサル基板への組込み用に特化した2.3㎝角の小さなIchigoDake相当の基板の製作記事です 。>


基板の到着にひき続き、早速、部品を実装しました。


チップ部品など小さな表面実装部品を、がんばって手半田付しました。

部品リスト:
部品番号 名称 型番 備考
IC1 CPU LPC1114FDH28
XT1

水晶発振子
(クリスタル)

12MHz
R1 チップ抵抗 470Ω 1608サイズ
R2 チップ抵抗 100Ω 1608サイズ
C2 チップコンデンサ 1μF 1608サイズ
C3 チップコンデンサ 15pF 1608サイズ
R3 チップ抵抗 1MΩ 1608サイズ
LED1 チップLED 赤色LED 1608サイズ
R4 チップ抵抗 330Ω 1608サイズ
C4 チップコンデンサ 15pF 1608サイズ
C1 チップコンデンサ 予備(裏面) 1608サイズ


- その3へ続く -


#IchogoJam #IchigoHam #自作室 #電子工作
    



< ユニバーサル基板への組込み用に特化した2.3㎝角の小さなIchigoDake相当の基板の製作記事です 。>

先日、Fusionに出図(その時の記事)してから、待つことしばし、ようやく基板が届きました。


今回は、工場で製作ミスがあったりとか、台風21号の関空絡みの影響で中国からのクーリエ(DHL)がセントレア経由となり、更に通関が混んでいたりとかで、出図から到着まで3週間かかりました。

出来栄えの第一印象は、基板の赤色がイメージしていたよりも鮮やかな赤色だとか、無理して押し込んだシルク印刷が小さすぎて読めない部分があるとか、次版への課題は多々ありますが・・・

それはともかく、この基板、問題なく部品実装が出来てちゃんと動作するやらどうやら?

ここで順次ご報告していきますね。


下の実装イメージはKiCadの3Dビューアーで作ったものです。(前回の記事に掲載したイメージと同じ)



- その2へ続く -


#IchogoJam #IchigoHam #自作室 #電子工作
    



構想から1年かかりましたが、プチ自作のユニバーサル基板に組込みに便利なIchigoJam互換の新しい基板をFusionに出図しました。

部品実装後の3Dイメージです。

前回の基板よりも1ピッチ分サイズが大きくなりましたが、今回は標準サイズの水晶を採用。(前回は表面実装水晶で半田付に難がありました。)
また、Video出力のチップ抵抗も実装したので、変換基板を工夫して作れば、奥側の8ピンからIchioIgaiに繋いでプログラミングができるかも と期待しています。

でも、だいぶ無理して配線を押し込みましたので、果たして上手く動くやらどうやら??。
生基板の到着が楽しみです。


関連記事:
無接点式パドルとIchigoJamエレキーをFRISKケースで作ってみました 2018/05/27 (Sun)
ペットボトルキャップサイズのIchigoJamを作ってみました 2018/05/20 (Sun)
IchigoJam x 光るカセットケースでハーバリウム用LEDイルミネーション台を作ってみました 2018/05/06 (Sun)
「光るカセットケース x IchigoJam」に 傾斜スイッチを追加 2017/12/03 (Sun)
「光るカセットケース x IchigoJam」を自作ユニバーサル基板で作ってみました。 2017/11/25 (Sat)
私も「光るカセットテープ x IchigoJam」を作ってみました 2017/11/12 (Sun)
IchigoJamを組み込んだハート型LEDをユニバーサル基板で作ってみました(その1)2017/05/05 (Fri)
IchigoJamを組み込んだハート型LEDをユニバーサル基板で作ってみました(その2) 2017/05/07 (Sun)
端子配列2017/05/01 (Mon)
基板到着、Lチカ成功! 2017/04/29 (Sat)
出図完了! 2017/04/15 (Sat)


#IchigoJam #IchigoHam #自作室
    



便利そうなものを秋月通商の通販ページで発見。早速購入して試してみました。


スルーホール用テストワイヤ TP-200(10本入り)


片側の先端がバネになっていて基板にスルーホールに直接刺さり、もう片側はピンソケットに挿せます。2㎝角のピッチ変換基板でチップの半田付け後にIchigoJamのファームを書き込むときに便利そうです。

手持ちのUSB-UART変換はピンヘッダですので、これを機会に4ピンと5ピンのソケットで、こんな変換器を作りました。


GNDは2ヶ所にしましたので、ISPをGNDに繋いでFlash Magicでファームを書き込み、ISPを抜いてTera Termでエミュレートできます。




書き込めました。

ところが、書き込み後に基板を見てみるとスルーホールに傷みが残っていました。写真撮影に際して何回も無造作にワイヤーを抜き差ししたのが良くなかったようです。


(マクロレンズで撮影。幾度も抜き差しをした後です。)


これまではICクリップを使っていました。この方式は繋ぎ難いのですが、スルーホールは痛み難いです。



どちらも一長一短がありますので、ケースバイケースでICクリップとスルーホールワイヤとを使い分けていきたいと思います。

また、ICクリップの片側をピンヘッダにして、今回作った変換基板を使えるようにしたら結構便利になりそうです。

#IchigoJam #自作室

    



昨日のペットボトルキャップサイズのIchigoJamの記事の続編です。

写真を拡大してIchigoJamの信号名を付記しました。
なお、7番ピン(アナログVcc)と21番ピン(Vcc)、および、8番ピン(アナログGND)と22番ピン(GND)は裏面で接続しています。

ペットボトルキャップサイズのIchigoJam、別アングルの写真です。

昨日の本編記事に別の写真もありますのでこちらからご覧ください。

追)この2枚の写真を追加しました。

【IchigoJam】#自作室 #IchigoJam
    



IchigoJamをペットボトルキャップサイズに押し込んでみました。


2㎝角サイズの0.65mmピッチ28ピンの変換基板を使用。


ちょっと無理感は否めませんが。


ボタン、LEDはもとより、水晶発振子、三端子レギュレータもなんとか実装。
7番ピン(アナログVcc)と21番ピン(Vcc)、および、8番ピン(アナログGND)と22番ピン(GND)は裏面で接続しています。



USB電源、キーボード、モニタを接続して、




動作テスト


動きました!

◆主な使用部品
品名 説明 員数 備考
ピッチ変換基板 TSSOP28→2.54mmピッチ、2cm角 1 D6528P
マイコンチップ LPC1114FDH28 1 手半田付
電圧レギュレータ AP7333(SOT-23パッケージ品) 1 表面実装
水晶発振子 12MHz、2mmΦ円筒型 1
LED 3mmΦ、赤色 1
チップコンデンサ 10μF 1
チップコンデンサ 1μF 1
チップコンデンサ 18pF 2
カーボン抵抗 1MΩ、1/6W 1 小型タイプ
カーボン抵抗 330Ω、1/6W 1 小型タイプ
カーボン抵抗 100Ω、1/6W 1 小型タイプ
カーボン抵抗 470Ω、1/6W 1 小型タイプ
タクトスイッチ 丸型、5mmピッチ・リード付 1
ピンソケット 1列、ロープロファイルタイプ
3ピンにカットして使用
1
ピンソケット 2列、ロープロファイルタイプ
14ピン、8ピン、4ピンにカット
1

あまり実用性はない??と思いますが、もし、まねをされる場合は自己責任でお願いします。

追記)
→続編記事

・ピン配置図を作りました。

・別アングルの写真を追加します。

【IchigoJam】#自作室 #IchigoJam
    



頼まれモノの自作記事です。

人気の植物標本でつくる手作りインテリアのハーバリウム。
そんなハーバリウムを「自分好みのイルミネーションでライトアップしたい」 ということで、依頼者様より専用のLEDイルミネーション台の作成を頼まれたのは半年ほど前のこと。ちょうど光るカセットを作ったりして興じていた頃でした。

そうこうしているうちに、雑貨店やホームセンターでハーバリウム用のLED照明付置き台を見かけるようになってきたので、てっきりお役御免かと思いきや先日督促をいただきまして。市販のものは今一つ光の効果に手作り感がないので・・・とかで。

というわけで、遅ればせながらIchigoJamを使ったプログラムで光の変化を自在あやつれるLEDイルミ台を自作をすることになりました。
ハーバリウムを上に置けてLED、電池、マイコンを内蔵に改造できそうなモノを100円ショップなどを回って探しましたがピタッとくるものは見つけられませんでした。結局、以前と同じくカセットケースをハーバリウムの置き台として利用にするのが一番良い との結論になり速攻で作成。こんな感じです。


前回作った「光るカセットケース」との違いは;
・LED(WS2812Bのチップ)は4つに減らし、瓶底の下になるよう中央部に寄せて配置。
・カセット風ユニバーサル基板は白色のを初使用。(前回は黄色でしたが白色の方が光をきれいに反射するかも?と。)
・IchigoJamには2cm角の0.65mm→2.54mmピッチ変換基板を使用。水晶振動子も省略した最小構成で。(今回がピッチ変換基板の初使用でした。)




カセットケースの内部に2本の単4電池も収まって、高さもそれほど高くもなく台としてもなかなかいい感じです。

今回もプログラムはIchigoJam開発者の福野さんのブログのこちらの記事のをベースにモディファイをさせていただきました。

プログラミングは、パソコンからUSBシリアルを介してIchigoJamのシリアル(上の写真の左上部の3pinソケット=黒い部品=のTxD,RxD,GNDの3線)に接続し、パソコンのTera Termから行います。(Save0し、BTNをGNDに接続=写真の黄色いショートピン=して自動起動をさせています。)

-・・・-

依頼者様に「お気に入りのLEDイルミネーションのプログラムは、IchigoJamのBASIC言語を使って思う存分にこだわって作ってください。」と言いたいところですが、

 「もうちょっとじわぁ~と光ると感じが・・・」
とか
 「もうちょっとしっくりと落ちついた感じの色に・・・」
とか、とか
の日本言語の形容詞でミッションをいただく羽目になりまして・・・
プログラム検討用に、同じ回路をIchigoJam Tの拡張ユニバーサル基板でも作成しました。


手離れの悪い「頼まれモノ」を作ってしましましたが、実は依頼者様はXでございまして。hi!

なお、依頼者様の納得ができるものができたあかつきには、動画をアップするかもしれません。 hi!

#自作室 #IchigoJam
    




昨日アップした内容を構成している部材を(再び作る時の備忘録を兼ねて)記しておきます。
品名 品番等 員数 備考
IchigoDake IchigoJamを小さくした持っていけるパソコン 1 PCN
IchigoIgai IchigoDake用ドッキングステーション 1 PCN
ハンドル付ファイルケース
A4
A-001文具No.21
(約32.5x26.3x3.5cm)
1 ダイソー
キーボード SKB-KG3BKN 1 サンワサプライ製
USB&PS/2 キーボード
4.3インチ 液晶モニター (ノーブランド品) 1 Amazonで購入
スタンドは取り外して使用
DC-DC内蔵変換ケーブル USB→12VDC 1 Aitendo
ビデオケーブル 全長15cm程度の短いもの 1 自作
USBの二股ケーブル USB(Aオス)-USB(Aメス)x2 全長20㎝程度の短いもの 1 自作(100円ショップのUSB延長ケーブルx2を活用)
USBリールケーブル スマートフォン用 USB(Aオス)-マイクロUSB(Bオス) 約70㎝ 1 100円ショップで購入
5V電源USB スマホ用 USB出力 1 スマホの付属品
六角樹脂ナット M3 H=10mm 4 モニター置き部
六角樹脂ナット M3 H=20mm 6 IchigoIgai固定用x4、コード巻き兼隠しカバー固定用x2
プラネジ M3 8mm 16
ゴム足 透明クッションゴム Φ10mm T=3mm 4 100円ショップで購入
底面に貼り付け
Lアングル PVC製 20x20mm、板厚1mm 10㎝程度 10cm程度 ホームセンターで購入
モニターの左右のガイド
Lアングル PVC製 15x15mm、板厚1mm 30㎝ 30cm ホームセンターで購入
センター部のコード隠しカバー
両面テープ 15mm幅 10cm程度 モニターガイドのLアングルとファイルケースの固定用



#自作室 #IchigoJam
<PR>     





にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 アマチュア無線へ

このブログのTopへ


------こちらもよろしく!------

ハム川柳.詠み人知らず.com
ハム川柳.
詠み人知らず.com

カムバック・ハム・
ハンドブック

JO3GBD
ホームページ


最近の記事


  • 本ページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁止します。
  • 本ページの内容を予告なく変更する場合があります。
  • 本ページに掲載されている内容のご利用に関してはご自身の判断と自己責任でお願い致します。
  • このホームページはリンクフリーです。
  • Copyright (C) 2005-2018 JO3GBD.  All rights reserved.

トピックス

新刊:CQ ham radio カムバックハム全集

便利な検索窓集

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このブログを検索


無線局等
情報検索


Callsign lookup:

Provided by QRZ.com

楽天で探す
楽天市場





















  • 本ページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁止します。
  • 本ページの内容を予告なく変更する場合があります。
  • 本ページに掲載されている内容のご利用に関してはご自身の判断と自己責任でお願い致します。
  • このホームページはリンクフリーです。
  • Copyright (C) 2005-2019 JO3GBD.  All rights reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]
  • CQ ハム アマチュア無線