忍者ブログ



JO3GBD
JO3GBD HomeJO3GBD - ブログ >[カテゴリ別]

JO3GBDアマチュア無線局長のブログ。無線、UD、IT、家電、電子工作、IchigoJam、IchigoHAM、その他もろもろ。

カレンダー

01 2020/02 03
1
2 3 4 5 6 8
10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ&サイト内検索

最近の記事

最近の動画

リンク

hamlife.jp

にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


楽天で探す
楽天市場


IchigoJamを2台使って、キーボードへ打った文字がモールス信号で赤外線で送信され、受信側で受信したモールス信号を解析した文字がモニターに表示される・・・といった赤外線モールス通信機デジットさんからパーツセットとして発売中)を試してみました。

この「赤外線モールス通信機」セット、実は3年前に購入してそのままだったのですが、今回、IchigoJamのファームウェアを最新のV1.3.1にバージョンアップしたのを機に、新バージョンでの動作検証を兼ねて試したものです。

動画をご覧ください。


というわけで、IchigoJam V1.3.1でも「赤外線モールス通信機」が動作しました。

今回は、安定動作第一にとデジットさんの資料の対策プログラム(動作安定対策にビープ音を高く、符号スピードを遅くしている。IchigoJam V.1.2.2までで動作検証済。)と回路の対策を全て施して実験をしましたが、処理の高速化がされたV.1.3.1を前提に、プログラミングをしなおして、モールス通信スピードの向上やいろんな機能追加をして、この「赤外線モールス通信機」がより実用的で魅力的なものに改善ができたらいいな、と考えています。


IchigoHam = IchigoJam x Ham Radio。典型的なIchigoHamネタですね。

ー・・・ー
特記事項と写真:

・使用したパーツセット:
IchigoJam電子工作パーツセット 赤外線モールス信号機 送受セットMORSE-jamPデジット

・修正版の説明書:
デジットさんのブログのIchigoJam「赤外線モールス通信機」の通信改善についてで、修正版の説明書が公開されていたので印刷して参照。

・回路:
パーツセットに同梱の説明書の通りにブレッドボードで組み立て。
 但し、修正説明書の受信部 回路図(修正版)に従って受信部のR4は10KΩに変更。

・プログラム:
修正版説明書の上級プログラム(修正版)を入力。
なお、受信側プログラムの170行の「K=1」は「J=1」に修正。←説明書の誤植??。
(この修正をしなくても動作は大丈夫ですが、受信側が起動時に”ERR”表示になることがありました。)

パーツセットの中味


別途用意したもの
IchigoJam2台、ブザー(IchigoJamに付属のもの)、
10KΩの抵抗、修正説明書


ちょっと迷った送信側の2つのLEDの区別
(左の大きい方が赤外線LED、右の小さい方が白色LED)


送信部側


受信部側


送信部の赤外線LEDと受信部のフォトトランジスタはL字に曲げて向い合せ




#IchigoHam    #IchigoJamでモールス #IchigoJam #自作室
PR
    



最近はなかなか電子工作の時間が取れませんが、久々にKiCadで基板設計の真似事をしました。 ( まあ、ボケ防止が主目的ですが・・・)



IchigoJamの拡張用ユニバーサル基板です。3年前に作ったキーヤーインターフェースの改良版を作ろうかと思まして。

上手くいけば、ここでご紹介します。

#IchigoJam #IchigoHam #KiCad #自作室
    



赤外線モールス通信機 - 赤外線も無線ですよねって記事を書いたのは3年以上も前で、その時にデジットで買ったキットがそのままになっています。

まさにIchigoHamネタなのでそろそろ試して見ようかと。リリースされたIchigoJamV1.3.1での動作検証も兼ねて。と思う今日この頃です。

#IchigoJam #IchigoHam #自作室
    



IchigoJam x アマチュア無線の「IchigoHam」ネタの記事です。


前回のIchigoJamを使ってID-31の周波数をテレビの画面に拡大表示してみた で、IchigoJamと無線機(ICOM社のCI-V)のインターフェースを試み、とりあえず連携は成功をしましたが、一部課題が残っていました。

IchigoJamがインターフェース回路(TXDとRXDがループ)の信号をキーコマンドと認識し、最悪暴走をしてしまう問題がありました。これを回避するためには、プログラムを一旦SAVE0して自動実行(ボタン+電源ON)で起動する必要がありましたが、これではいろいろなプログララムを試すには面倒でした。

そんな折、嬉しいことにインターフェース回路の解決策のアドバイスをTwitterメッセージでいただきました。OUT6(起動/リセット後は0=LOWになる)を利用してRXDをマスクして、UART初期化後にOUT6を1=Highにするというものです。
なるほど。流石です。ありがとうございました。

頂いたアドバイスを基にIchigoJamとICOM CI-Vのインターフェース回路の改善実験をしました。 その結果、

回路図はこうなります。
注1)RXD端子のプルアップを忘れていました。この回路でも動作はしていますが・・・)


プログラムは前回のプログラムに、第25行の”OUT 6,1”の一行を追加するだけです。


・・・
20 UART 0,1:BPS 4800:CLS:CLV:VIDEO 3
25 OUT 6,1
30 UART 1,0:LC 0,-1:PRINT CHR$(#FE);CHR$(#FE);CHR$(D);CHR$(#E0);CHR$(#03);CHR$(#FD);:UART 0,1:GOSUB 100
・・・



これで、いちいち自動実行をしなくても、普段通りにIchigoJamの電源投入しプログラムして「RUN」で問題なくできるようになりました!!


このインフェースの改善でプログラミングが数段やりやすくなりました。周波数のテレビ表示に加えていろんな無線機/IchigoJamの連携を試してみたいと思います。


前回の記事動画も併せてご覧ください。
IchigoJamを使ってID-31の周波数をテレビの画面に拡大表示してみた




#自作室 #CI-V #電子工作 #アマチュア無線 #IchigoJam #IchigoHam

    



IchigoJamとアマチュア無線で「IchigoHam」ネタです。



子供用マイコンIchigoJamを使って、アイコムの無線機ID-31をCI-Vプロトコルで外部制御し、周波数などを(IchigoJamのビデオ出力から)テレビ画面に拡大表示をしてみました。

先ずは動画をご覧ください。



さらに、無線機へ外部から操作できるようにするとかして本格的にしたら、高齢者フレンドリーな用具として実用的になるかも知れませんね。
また、かねてから目標としていたモービル(車)のカーナビに拡大表示(関連記事)も実現できそうです。

IchigoJamで(しかも公開版=Ver.1.2.3=で、機械語も使わずに)、CI-Vのプロトコル制御がとりあえずできたので、更にいろいろな無線機の用途が試せそうです。IchigoJamとアマチュア無線で「IchigoHam」の世界ですね。

-・・・-
以下に備忘録を兼ねてメモします。
(まねをされる場合は自己責任でお願いします。また、ノイズや高周波回り込みの配慮はしていません。また、複数のCI-V接続は未対応です。)


・ID-31の設定:

CI-Vアドレスはモデル毎に異なるので確認。
ID-31は#84。プログラムの10行目で変数Dの値に。


ボーレートを4800に変更。
プログラム20行目のBPSと同一にする。


トランシーブは”ON”に設定。

・接続ケーブル:
参考記事
続:ID-51/31のCI-V取り出し用変換ケーブル
スピーカージャックの中点がCI-VのI/O信号。
外付けスピーカーが必要となる。
(今回はスピーカーマイクを接続した)

CP2102を使ったUSB CI-Vインターフェース
回路は上の記事と同じ。
ダイオード(1N4148)のカソードをTXDに、アノードをRXD接続、RXDからCI-VのI/O信号へ。
なお、ダイオードなし(TXDとRXDショート)でも一応は動作したが、CI-Vのパラ接の時は注意必要。

・プログラム:
IchigoJam BASIC 1.2.3 by jig.jp
OK
load0
Loaded 704byte
OK
list
5 'CI-V MONITOR
10 D=#84:'id-31
20 UART 0,1:BPS 4800:CLS:CLV:VIDEO 3
30 UART 1,0:LC 0,-1:PRINT CHR$(#FE);CHR$(#FE);CHR$(D);CHR$(#E0);CHR$(#03);CHR$(#FD);:UART 0,1:GOSUB 100
40 UART 1,0:LC 0,-1:PRINT CHR$(#FE);CHR$(#FE);CHR$(D);CHR$(#E0);CHR$(#04);CHR$(#FD);:UART 0,1:GOSUB 100
50 GOSUB 100
60 GOTO 40
100 I=0
110 A=INKEY():IF NOT A CONT
120 A=A&#FF:[I]=A:I=I+1:IF I>2 GOTO 140
130 IF A<>#FE GOTO 100
140 IF A<>#FD GOTO 110
150 IF [4]=0 OR [4]=3 GOTO 200
160 IF [4]=1 OR [4]=4 GOTO 300
200 LC 0,5
210 PRINT HEX$([9],1);HEX$([8],2);".";HEX$([7],2);"MHz"
220 RETURN
300 LC 0,3
310 IF [5]&#FF=5 AND [6]&#FF=1 PRINT "FM  "
320 IF [5]&#FF=5 AND [6]&#FF=2 PRINT "FM-N    "
330 IF [5]&#FF=#17 ? "DV  "
340 RETURN
OK

・その他:
プログラムはSAVE0をしておき、ボタンを押しながら電源ON(即ち、0番プログラムの自動実行)で起動させること。(起動後、すぐにUART受信をOFFにするため。)
そうしないと、無線機との電源投入順によっては、無線機からの信号をIchigoJamがキー入力として受け付けて暴走する場合がある。

追記:この暴走の解決策のアドバイスをいただきました。回路とプログラム変更で暴走防止対応ができました。こちらの IchigoJam用CI-Vインターフェースの改善を参照ください。


#自作室 #CI-V #電子工作 #アマチュア無線 #IchigoJam #IchigoHam
    



いつもお世話になっている電子工作の大先輩からOrangePicoを譲り受けました。


Dual CPUのUSB制御もできるType D互換です。

ORANGE picoのことは、まだよくわかっていないのですが、搭載されているORANGE BASICが、数値の範囲(32ビットの整数、単精度実数)や文字列処理に秀でていて、また、USBも使えたりするので、IchigoJamとは違った分野で試せそうです。

IchigoJamでとことん組んでみて、もし、もの足らなかったらOrangePico に移植する手もあるかと考えています。共にBASICなので移植性も良いですし。

用途的には、漠然とですが、無線ネタで、各種のキーヤーやメッセージキーヤーとか、CI-Vを使った無線機の外部制御(リモコン)とか。

IchigoJamと同じくORANGE picoも 昔懐かしのBASIC言語ですので、馴染もあります。

このORANGE picoも加わって、電子工作のバリエーションが増えそうです。

#自作室
    



先月に作ったFRISKケースの無接点キーヤー(IchigoJamで制御)の回路図を描き起こしました。IchigoJamのプログラムと併せてご紹介します。

その前に、先の製作記事はこちらです。→ 無接点式パドルとIchigoJamエレキーをFRISKケースで作ってみました

また、キーヤーの試し打ち動画は、こちらですのでご覧ください。

先ずは回路図です。


↑画像をクリックしたら拡大版が開きます

現物合わせで回路図も書かずに作ったので、忘れないうちに現物→回路図化をと思いつつ、結局一ヶ月も経ってしまいました。
回路の説明などは製作の記事をご参照ください。

次にキーヤーのプログラム、IchigoJamのBASICです。荒削りですが今はこうなっています。

5 'FRISK E KEYER W/CS 180602
10 OUT 1,0:LED 0:OUT 5,-1:VIDEO 0:BEEP 10,5
20 T=(1024-ANA(2))/168+2
30 IF IN(1)=1 OUT 1,1:LED 1:BEEP 10,1000:WAIT T:OUT 1,0:LED 0:BEEP 0,0:WAIT T
40 IF IN(4)=1 OUT 1,1:LED 1:BEEP 10,1000:WAIT 3*T:OUT 1,0:LED 0:BEEP 0,0:WAIT T
50 IF IN(10)=1 GOTO 20
60 LET[0],1333,333,11133,331,3111,311,31131,11133
70 FOR I=0 TO 7
80 N=[I]
90 T=(1024-ANA(2))/168+2
100 B=10000:FOR J=0 TO 4:M=N/B%10
110 IF M OUT 1,1:LED1:BEEP10,1000:WAIT T*M:LED 0:OUT 1,0:BEEP 0,0:WAIT T
120 B=B/10
130 IF IN(1) OR IN(4) J=4:I=7
140 NEXT
150 WAIT T*3
160 NEXT
170 GOTO 20

スクイズ付のエレクトリックキーヤーと、ワンボタンで固定メッセージ(自局コールサイン)送出に対応しています。
なお、60行以降のモールス符号の自動送出プログラムは、IchigJam開発者の福野さんのブログ「 IchigoJam モールス信号エンコーダー アルファベット編」を参考にさせていただきました。

ちなみに60行は私のコールサインのモールス符号データです。(1333=J、333=O、11133=3 ・・・)

以下にハードの写真を再掲します。









さて、このFRISKキーヤーをA1ClubのOn Air Meetingチェックインの機会で実際に一か月間使ってみました。その際に気付いたことを、次のバージョンのハード/ソフトで改善できればと考えています。
例えば、

・キータッチ感度を微細な調整をできるようにしたい。
 →タッチ感度調整用トリマコンデンサの追加?

・スピード調整のボリュームが回しにくく調整もしにくい
 →スピードUP/DOWNをタクトスイッチで設定。電源OFF時もスピード設定保持
・リグへのキー出力ON/OFFスイッチの追加。
(キー調整中にリグのBreak-in OFFをししなくて済むように)
 機能追加。(ダブルファンクションでも可)

・ソフト処理の改善(短・長点の1:3が崩れているのが聴感でもわかる)
 →ソフトの処理方式を変更し、キーの出力中に各種処理を行うようにする。

・メモリーキーヤーの追加
 現在は固定メッセージ=自局コールサイン=のみの対応。
 → 任意のメッセージを登録できる機能追加。

なお、上記を書くのは簡単ですが、果たしてFRISKケース内に実装できるも含めて、出来るかどうかは甚だ”?”ですが。hi!

#IchigoHam #IchigoJam #自作室

    



静電タッチの無接点式パドルとIchigoJamで作ったエレキー回路をFRISKケースに収めました。ケースの両外側をタッチしてモールス信号を送出できます。
ともあれ、動画をご覧ください。


まだまだ、ソフト・ハードとも調整途上ですが、一応、意図通りに動作しています。
なお、IchigoJamのプログラムは「IchigoJamでエレクトリック・キーヤーを作ってみました 」をとりあえず流用(但し、IN(1)、IN(4)の論理は反転)しています。


上部中ほどの黒く見えているのが電源のスライドスイッチ。その右の青つまみはキースピード調整です。”K”の文字の右の凸マークが静電キー(短点)が反応の中心です。


黄色いタクトスイッチは機能拡張用です。このスイッチを使って簡易メモリーキーヤーにも挑戦してみたいと思っています。「プラ」の下バーコードの上の凸マークが静電キー(長点)の中心です。


IchigoJamはピッチ変換基板を使い水晶も省略して最少構成です。プログラミングはTXD、RXD、GND端子(変換基板の左手前のリードループ)をクリップで取り出し、USB-シリアル変換器を介してPC上のTera Termで行う手法です。
BTN信号はGNDに接続していますので、電源ONでLOAD0の自動実行をさせています。
右端の朱色の基板が静電タッチモジュールです。(詳しくはこちらの記事をご参照)

電池はコインリチュームのCR2032。3.2VなのでIchigoJamやタッチモジュールに直接供給しています。電池寿命と電池末期の振る舞いの確認が今後の課題です。

今回のキー出力回路は、これまでのトランジスタ(2CS1815のコレクタ出力)に変えて、手元にあったPhotoMOSリレー(AQY210EH )を使いました。左側のジャックの下の4ピンの黒い部品がそのフォトMOSリレーです。静電式はインピーダンスが高いので、回り込みやコモンモードの縁切りの効果を期待しました。(私の環境では今のところトランジスタでも問題は起こっていませんが、念のためにと。)


静電タッチモジュール(朱色の基板)が反対面にももうひとつ。
薄型の圧電ブザーは無理やりに実装しました。透明テープで基板と絶縁して仮固定しています。(ケース側に貼った方が音量が大きくなりますが、配線の取り回し上こうしています。


◆使用した主な部品
今回は、回路図や配線図は起こさずにいきなり現物合わせで作りましたので、回路図がありません。とりあえず、部品リストをご参照ください。
品名 説明 員数 備考
FRISKケース 120%増量の新サイズのもの 1
新FRISKサイズユニバーサル基板 58.5x32mm、1.2mm厚、2.54mmピッチ両面スルーホール 1 U5832D
静電容量式タッチモジュール MSW223-R (出力はIN1とIN4へ) 2 aitendoで購入
チップコンデンサ モジュールに追加してタッチ感度を調整。カットアンドトライで18pFを使用 2 タッチ感度調整用に
ピンヘッダ 3Pin ユニバーサル基板にモジュール取付用 2 半田付後に短くカット
TSSOP28ピッチ変換基板 IchigoJamのチップ(LPC1114FDH28/102)を2.45mmピッチに変換する2cm角サイズの基板
裏面の半田ジャンパーで7PINと21PIN(VCC)、8PINと22PIN(GND)を短絡
1 D6528P
チップコンデンサ 10μF IchigoJamのパスコン、ピッチ変換基板の裏面に半田付け 1
ピンヘッダ 1Pin ユニバーサル基板に変換基板取付用 7PIN(VCC)と22PIN(GND)に使用  半田付後に短くカット
半固定抵抗 50KΩB 基板取付用、ノブは長めが好ましい (ANA2へ) 1  デジットで購入
 LED 赤 3mmφ 1  
抵抗 330Ω 1/6W LED電流制限用 1  
圧電ブザー 15mmφ  1  テープで絶縁
タクトスイッチ  6mm角(機能拡張用、OUT5=IN10へ)  
抵抗 22KΩ 1/6W タクトスイッチ入力のプルアップ用 1  
スライドスイッチ 電源スイッチ、2.5mmピッチ、基板取付用 1  半田の盛り過ぎに注意
コイン電池ホルダー CR2032用基板直付けタイプ  
コイン型リチューム電池 CR2032 1 3.2V
ミニジャック 3.5㎜Φ キー出力用  1 基板取付用
PhotoMOSリレー AQY210EH  1 回り込み対策
抵抗 470Ω 1/6W PhotoMOSリレーのLED電流制限用 1
小さな基板 ミニジャックとPhotoMOSリレー取付用、ユニバーサル基板をカットして使用 1 0.8mm厚基板
線材 - 適量

#IchigoHam #IchigoJam #自作室
    



ブログ記事「IchigoJamでエレクトリック・キーヤーを作ってみました」 で 掲載したプログラムリストにて文字が抜けているという誤りがありました。
そのため、ブログ通りのプログラムを実行しても動画と同じ振る舞いにならず、崩れたモールス信号が発生していました。
この誤りによってご迷惑をおかけした方にお詫び申し上げます。また、ご連絡をいただいた方に御礼申し上げます。

先ほど、「IchigoJamでエレクトリック・キーヤーを作ってみました」のブログ記事内のプログラムリストを訂正いたしました。改めてこちらのプログラムご参照をお願いします。
(なお、動画内で映しているプログラムリストには誤りはありません。)

-・・・-
ご参考)今回の顛末と今後の対策:

・現象:
本来は、
正)
と表示されるべきところが、
誤):
と、「TICK()」の後、「0」の前の文字群が抜けて表示されていました。

・原因:

プログラム内で「<」 と 「>」 に囲まれた部分(上の囲みの部分)がHTMLのタグとして認識されたため、その部分の文字がブラウザでは表示されず、また、コピーもされない状態になっておりました。
使用しているブログサーバーでは、「” < > &」といったHTMLタグと重なる文字は「&rdquo; &lt; &gt; &amp;」いった&**形式の文字記述に自動的に変換するのですが、「<」と「>」がペアであった場合は変換はされない(もし変換したら本来のタグがなくなるので自動では変換しない)ことに気付かないままにブログを公開しました。

・対応:
今後、プログラムをブログアップする時は、「>」は「&lt;」と、「<」は「&gt;」となっていることをアップ前に確認し、また、アップ後にはプログラムをコピペして実装しての動作確認を行うようにします。

#IchigoHam
    



最近、CW(モールス)用のキーヤーソフトの改善しているのですが、いろいろ変更して試し打ちをする際、IchigoJam内に保存できる4つプログラムでは不十分になってきました。また、USB接続/Tera Termでいちいちパソコンから転送するのも面倒ですし。

そんな折、IchigoJam仲間のOMさんから外部接続EEPROMが便利とのお話を伺い、早速、EEPROM カセット基板を作ってみました。

EEPROMは手持ちの24LC1025-I/P(1Mビット)を使用しました。(EEPROM カセット基板をいずれ作ろうと思い、ずいぶん前に購入をしていました。)
基板は2㎝角の切手タイプのユニバーサル基板を使用しました。

回路はIchigoJamレシピ外部記憶装置 EEPROMのページを参考にさせていただきました。

完成!

上部のスイッチは書き込み可能/禁止スイッチです。

IchigoJam TのCN5に差し込んで使います。

(上に乗っているのはキーヤーインターフェース基板です。)

これで、IchigoJam内の4個に加えて、128個のプログラムの保存/呼び出しができるようになりました。(SAVE/LOAD 1~4に加え、SAVE/LOAD 100 ~277 がOKになりました。)

#自作室 #IchigoHam #IchigoJam
    





にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 アマチュア無線へ

このブログのTopへ


------こちらもよろしく!------

ハム川柳.詠み人知らず.com
ハム川柳.
詠み人知らず.com

カムバック・ハム・
ハンドブック

JO3GBD
ホームページ


最近の記事


  • 本ページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁止します。
  • 本ページの内容を予告なく変更する場合があります。
  • 本ページに掲載されている内容のご利用に関してはご自身の判断と自己責任でお願い致します。
  • このホームページはリンクフリーです。
  • Copyright (C) 2005-2018 JO3GBD.  All rights reserved.

<トピックス>


IchigoJamでハム
のページへ


IchigoJam
価格:2200円(税込、送料別) (2020/2/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CQ ham radio 別冊 カムバックハム全集

CQ ham radio

コールサイン/文字が光る&流れる LEDネームプレート

便利な検索窓集

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このブログを検索


無線局等
情報検索


Callsign lookup:

Provided by QRZ.com

楽天で探す
楽天市場

IchigoJam


























  • 本ページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁止します。
  • 本ページの内容を予告なく変更する場合があります。
  • 本ページに掲載されている内容のご利用に関してはご自身の判断と自己責任でお願い致します。
  • このホームページはリンクフリーです。
  • Copyright (C) 2005-2019 JO3GBD.  All rights reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]
  • CQ ハム アマチュア無線