忍者ブログ



JO3GBD
JO3GBD HomeJO3GBD - ブログ >[カテゴリ別]

JO3GBDアマチュア無線局長のブログ。無線、UD、IT、家電、電子工作、IchigoJam、IchigoHam、その他もろもろ。

カレンダー

08 2019/09 10
1 2 3 5 6 7
8 9 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログ&サイト内検索

最近の記事

最近の動画

hamlife.jp

リンク

にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


楽天で探す
楽天市場

こどもパソコンのIchigoJamを手にされたこどもたちが、モールス通信に興味を持ってくれたらいいな、と、そんなことを思いながら書いた記事の第2弾です。

前回3行のプログラムで押したら鳴るモールス練習機を作りました。

今回は実際にモールス通信をするまねごとをしてみたいと思います。
(なお、この記事はこどもたちに向けてではなく、親御さんや指導者の方々に向けた記事になっています。)

先ずは、動画をご覧ください。



こっち(送信側)のIchigoJamのボタンを押したら、あっち(受信側)のIchigoJamのLEDが光ってブザーが鳴ります。実験では6.5m離れても反応していました。さらに工夫をすればもっと離れても反応すると思います。


◆ IchigoJamどうしをワイヤで通信 ◆

さて動画のワイヤレスの前に、先ず最初はワイヤ(電線)でIchigoJamどうしをつない通信をしてみましょう。

・プログラム
送信側のIchigoJam:
10 IF !BTN() CONT ELSE BEEP 9,999:LED 1:OUT 2,1
20 IF BTN() CONT ELSE BEEP 0:LED 0:OUT 2,0
30 GOTO 10
受信側のIchigoJam:
10 IF !IN(1) CONT ELSE BEEP 9,999:LED 1
20 IF IN(1) CONT ELSE BEEP 0:LED 0
30 GOTO 10


・接続
IchigoJamどうしを2本のワイヤでつなぎます。
  

結線
送信側   受信側
OUT2 IN1
GND GND


送信側


受信側


・実験
準備が出来たら、ふたつのIchigoJamをRUN [ENTER]します。
こっち(送信側)のIchigoJamのボタンを押すと、あっち(受信側)のIchigoJamのLEDが光ってブザー音が鳴るはずです。

長いワイヤがあれば、IchigoJamを離れた場所や、部屋越しに動かして鳴らしてみましょう。

-・・・-


◆ IchigoJamどうしをワイヤレス(無線)で通信 ◆

次に、冒頭の動画の実験です。

「ワイヤレス」とはワイヤ(電線)が無い(レス)という意味で、電線が無い、すなわち、「無線」での通信ということです。
今回はリモコンなどで使われている赤外線を使って無線の実験をしてみます。

・回路の準備
IchigoJamにつなぐ赤外線の送信、受信の回路部品を準備します。

回路図

送信側の発光素子はIRダイオードで赤外線発光ダイオード(LED)です。
受信側の赤外線受信モジュールは、3.3Vで駆動できるタイプで中心周波数は38KHzのものを選びました。

ともに、電子部品のパーツ屋さんで手に入る部品です。
今回は2cm角(7x7孔)のユニバーサル基板で作りました。

送信側          受信側





・IchigoJamに装着
IchigoJamのソケットCN4に差し込みます。

送信側
OUT4~VCC端子に挿入


受信側
GND~IN1端子に挿入
ずれて挿さないようにご注意ください。


・IchigoJamのプログラム

送信側のIchigoJam:
10 IF !BTN() CONT ELSE BEEP 9,999:LED 1
20 PWM 2,421,-1263:WAIT -10:OUT 2,0:WAIT -10
30 IF BTN() GOTO 20
40 BEEP 0:LED 0:GOTO 10

受信側のIchigoJam:
10 IF IN(1) CONT
20 BEEP 13,999:LED 1:C=0
30 IF !IN(1) C=0:WAIT -20:CONT
40 C=C+IN(1):WAIT -10
50 IF C<10 GOTO 30
60 BEEP 0:LED 0:GOTO 10

ここでは長くなるので、プログラムの説明は割愛します。こちらの記事で説明をしていますので、ご参照ください。


・実験
発光素子と受光素子を向かいあうようにIchigoJamどうしを向い合せます。

二つのIchigoJamをRUN [ENTER]して、送信側のIchigoJamのボタンを押すと、受信側のIchigoJamが光って音が鳴るはずです。

IchigoJamを少し離して試してみましょう。。
発光素子と受光素子が向き合っていると結構届きますが、ずらしたり、斜めを向いたり、あいだに障害物があると届かなくなります。
赤外線という眼には見えない光で通信しているので、光が届いている範囲をイメージするとよいでしょう。


・IchigoJamを持ち運べるようする

さて、どこまで届くのでしょうか? もっと離して実験しましょう。
といっても、実験をするとき、IchigoJamのキーボードやモニターは邪魔ですね。

そういう時は次の手順をすると、モニターやキーボードなしでもIchigoJamが使えます。
1)RUNしていたらEscキーでプログラムを止める
2)SAVE 0[ENTER]と押す。
 ここで、こんな画面がでたらOKです。
3)IchigoJamの電源スイッチをOFFにする
4)キーボードとモニターのケーブルを取り外す。
  電源ケーブルはそのまま。
5)IchigoJamのボタンを押しながら電源スイッチをONにする。

これで先ほどと同じ状態になります。
プログラムを止めるときは電源をOFFにします。(電池の消耗を防ぐためにも、使わないときはこまめにOFFをすることをおすすめします。)

電源をOFFしても、また5)のようにボタンを押しながら電源をONにすれば再開できます。

電源はモバイルバッテリーを使うとIchigoJamを持ち運びながら実験ができます。


・さて、どこまで届くか?
IchigoJamをボタンを押しながら電源スイッチをONにて自動起動します。
発光素子と受光素子が向かい合うようにIchigoJamを向い合せにして、送信側のボタンを押して実験をしましょう。
受信側が光って鳴るはずです。

動画の実験では、6.5m離しても大丈夫でした。さらに、プログラムを工夫をしたり、回路や受光・発光素子に細工をしたら、もっと遠い距離まで届くようになるでしょう。
チャレンジされてはいかがでしょうか?

なお、今回使用したIchigoJamのファームウェアはVer. 1.3.1です。


最後に、最初と同じ動画をここにも掲載しておきますね。


お詫び:
動画内で、”ICHIGOJAM”とモールス符号で打とうとしたのですが、誤って”ICHIGAJAM"になっていました。お恥ずかしい話ですみません。


-・・・-

次回は、モールス符号を覚えるための学習用プログラムを予定しています。

IchigoJamでモールスの記事の目次を こちら にまとめましたのでご覧ください。



ここまで読んでいただいて、「IchigoJamってなに?」って方は、こちらのコラムをご参照ください。


なお、IchigoJamは(株)jig.jpの登録商標です。

#IchigoHam #IchigoJam #IchigoJamでモールス #CW #自作室


PR
    



アマチュア無線仲間の方々に、IchigoJamに興味を持ってもらいたい!

IchigoJamとはもともと小学生のプログラミング学習用の小型のマイコンですが、お手軽で簡単にプログラミングが出来て、性能も結構良いので、無線関係の自作用にはもってこいだと思っています。(IchigoJamについては⇒こちらのコラムをご参照)

ハムがこどもたちと同じ道具(ハード=IchigoJam)を使い、同じ言葉(ソフト=IchigoJamのBASIC言語)を話すようになれば、いつぞやアマチュア無線界も活性化するはず! と勝手に思っています。

そんなことを想いつつ、IchigoJamを使ったCWキーヤーを数回に分けてこのブログでご紹介していきます。

先ずは動画をご覧ください。


スクイズ(両方を同時に押すと長点・単点を繰り返す)もちゃんと対応していますね。
実は、このキーヤーは後でご紹介するたった3行の簡単なプログラムで出来ています。

ハードの接続やプログラムの入力もお手軽で簡単です。
OMの自作バリエーションとしてIchigoJamをお使いになるきっかけになったらいいなと思いながら、IchigoJamの初めの第一歩的にこのキーヤーの作り方をご紹介をします。


◆パドルをIchigoJamにつなぐ
パドルとIchigoJamを次のように3本のワイヤーでつなぎます。

パドルの端子 IchigoJamのピンソケット
コモン <----> GND
ドット(短点の端子) <----> IN1
ダッシュ(長点の端子) <----> IN4



◆IchigoJamの準備

IchigoJamに、キーボード、モニター、電源をつなぎます。


電源スイッチをONにすると、モニターに、
IchigoJam BASIC 1.3.1 by jig.jp

OK
のような画面が出てプログラムの準備完了です。


◆プログラムを入力する
キーボードから、次のプログラムを入力します。

10 IF !IN(1) BEEP 9,5:WAIT 10
20 IF !IN(4) BEEP 9,15:WAIT 20
30 GOTO 10
(各行の最後は[ENTER]キーを押して改行します)

これで、プログラミングが完了です。
(このように、IchigoJamとそれにつながったキーボード、モニターディスプレー、5V電源以外は何も要らない、つまり、パソコンやパソコン上での開発ソフトも不要で、プログラミングが完了するお手軽さでIchigoJamの特長です。)

◆プログラムを確認する
ここで、LIST[ENTER]と押すと、入力したプログラムの確認ができます。




◆プログラムを実行する

次に、
RUN
[ENTER]と押してプログラムを実行します。

パドルを操作してみてください。
スクイズ付のCWキーヤーが出来ました。

◆プログラムを止める
プログラムを止めるときはESCキー(キーボードの左上側)を押します。

◆プログラムの説明
この3行のプログラムの意味はだいたいこんなイメージです。

10 IF !IN(1) もしIN(1)端子がLowなら
  BEEP 9,5:WAIT 10 ブザーを5単位時間鳴らしつつ、10単位時間待つ。
20 IF !IN(4) もしIN(4)端子がLowなら
  BEEP 9,15:WAIT 20 ブザーを15単位時間鳴らして、20単位時間待つ。
30 GOTO 10 最初に戻り繰り返す。

なお、BEEP 9,15は、9という音に高さ(音程)で、5という単位時間でブザーを鳴らし続けます。
また、WAIT 10 は10単位時間待ちます。

IchigoJamでの時間は60単位時間で1秒(即ち WAIT 60で約一秒)ですので一単位時間は1秒/60=約16.7msです。
従って、このプログラムでは、
短点 BEEP 9,5 5単位時間=16.7ms x 5=83msの1マーク
  WAIT 10 10単位時間=16.7ms x 10=167msで、スペースは上の83msを差し引いた83msの1スペース
長点 BEEP 9,15 15単位時間=16.7ms x 15=250msの3マーク
  WAIT 20 20単位時間=16.7ms x 20=333msで、スペースは上の250msを差し引いた83msの1スペース

となります。


いかがでしょうか?
特定の世代の方には、昔を彷彿させられ懐かしさを感じられたかも知れませんね。
最初と同じ動画をここにも掲載しますので、改めてご覧ください。



-・・・-

次回の記事では、IchigoJamに簡単なインタフェース回路を追加して、キー出力を無線機につないでみようと思います。

また、追々、キーボードキーヤーやメッセージキーヤーもご紹介する予定をしています。

ここまで読んでいただいて、IchigoJamってなに?って方は、こちらのコラムをご参照ください。


なお、IchigoJamは(株)jig.jpの登録商標です。

#IchigoHam #IchigoJam #IchigoJamでCWキーヤー #CW #自作室
    



こどもパソコンのIchigoJamを使ってモールス練習機を作ってみました。

先ずは、動画をご覧ください。


(この動画は、後でご紹介のたった3行の簡単なプログラムで出来ています。)

ボタンを押せばブザーが鳴るといった簡単なプログラムですが、IchigoJamを手にされたお子さん達がモールス通信に興味を持つきっかけになったらいいなと思い、初めの第一歩的にプログラミングのご紹介をしていきます。


◆IchigoJamの準備
IchigoJamに、キーボード、モニター、電源をつなぎます。
電源スイッチをONにすると、
IchigoJam BASIC 1.3.1 by jig.jp
OK

のような画面が出てプログラムの準備完了です。


◆ボタンを押すとブザーが鳴る!1行プログラム
先ずは、超初歩編です。
たった1行のプログラムでIchigoJamのボタンスイッチを押すとブザーが鳴るようにしてみましょう。

キーボードから、次のプログラムを入力します。
10 BEEP BTN():GOTO 10

(行の最後は[ENTER]を押して改行します)

次に
RUN
[ENTER]と押してプログラムを実行します。

IchigoJamのボタンを押してみてください。押している間だけブザーが鳴り、離すと鳴りません。
ボタンを押したり離したりして遊んでみましょう。

プログラムを止めるときはESCキー(キーボードの左上側)を押します。

このプログラムの意味はだいたいこんなイメージです。
10 行の番号(最初)
BEEP ブザーを鳴らす
BTN() ボタンを押していたら
GOTO 10 最初に戻る(繰り返す)


◆聞きやすい音でブザーを鳴らす3行プログラム
上の1行プログラムではブザー音が高すぎますし、これからいろんなことをするためにプログラムの改善をします。

キーボードから、次の3行のプログラムを入力します。
10 IF !BTN() CONT ELSE BEEP 9,999
20 IF BTN() CONT ELSE BEEP 0
30 GOTO 10

RUN

(各行の最後は[ENTER]を押して改行します)

IchigoJamのボタンを押してみてください。今度は聞きやすい音でブザーが鳴ります。

プログラムの意味はだいたいこんな感じです。
10 IF !BTN() CONT もし、ボタンが押されていなかったらそのまんま待ち
  ELSE BEEP 9,999 そうでなかったら(ボタンが押されたら)ブザーを鳴らす。
20 IF BTN() CONT もし、ボタンが押されたままならそのまんま待ち
ELSE BEEP 0 そうでなかったら(ボタンが離されたら)ブザーを鳴らすのを止める。
30 GOTO 10 最初に戻り繰り返す。

なお、20行のBEEP 9,999は、9という音に高さ(音程)で、999という長さで(音を止めないかぎり)ブザーを鳴らし続ける時間の指定です。なのでボタンを押し続けたら、一定時間(約16秒)たったらブザーは鳴り止みます。


◆LEDランプも連動させる (最初の動画のプログラムです)
IchigoJamにはLEDランプがありますので、少しプログラムを追加してLEDも連動させてみます。
10 IF !BTN() CONT ELSE BEEP 9,999:LED 1
20 IF BTN() CONT ELSE BEEP 0:LED 0
30 GOTO 10

RUN


追加したのは;
10行に追加 LED 1 LEDを点灯させる
20行に追加 LED 0  LEDを消す

ボタンを押してブザーが鳴っているときに、LEDが点灯するようになりました。

最初と同じ動画をここにも掲載します。
ボタンを押したり離したりしてモールス符号の練習機が出来上がりました。

IchigoJamのBTN端子とGND端子の間に大きなスイッチや電鍵を接続したらもっと本格的なモールス練習機になります。


-・・・-

次回は、2台のIchigoJamを使って通信をしてみようと思います。
モールス符号を覚えるための学習用プログラムも掲載を予定しています。

IchigoJamってなに?って方は、こちらのコラムをご参照ください。


なお、IchigoJamは(株)jig.jpの登録商標です。

#IchigoHam #IchigoJam #IchigoJamでモールス #CW #自作室

    



前回の記事でご紹介した自作ユニバーサル基板。その上に手持ちの部品をあれこれ乗せて(挿して)、次の自作品の構想を検討、っていうか、妄想をしています。




さてはて、何を作ろうとしていると思われますか?

実は、部品を乗せているうちに考えが変わってきて、私もなんだかはっきりとはわからなくなってきました。

まあ、こういう自由気ままな自作も良いのではないかと。
できたものが作ったもの、そして、できた時が作った時で、ということで。(笑)

ー・・・-
追)前回の記事で「信号名の文字が小さすぎてつぶれて読めません。次回は信号の印刷は止めようと思います。」 と書きましたが、IchigoJam開発者の福野さんから直々にコメントを頂きまして 次版では信号名の印刷を止めるのを止めて、文字がつぶれないよう頑張って工夫をすることとしました。
若い頃は「やればできる何事も」って考えていましたが、最近はあきらめが早くなっている(加齢のせい?)と気づいた次第です。<(_ _)> 

#IchigoJam #IchigoHam #自作室
    



先日KiCadで設計して発注したIchigoJam用ユニバーサル基板が着弾しました。

とりあえずはイメージ通りに出来てきました。










IchigoJamの電源スイッチ、ボタン、LEDへのアクセスを活かした上重ね構成です。

しかし、設計の一発目ですのでお決まりの失敗が。


・シルク印刷にライン漏れ
・無理やり入れた信号名の文字が小さすぎてつぶれて読めません。


次回は信号の印刷は止めようと思います。(※)

ともあれ、さてはて先ずは何を作ろうかな?


(※)追記)
>次回は信号の印刷は止めようと思います。
について、ツイッターで
とコメントを頂きましたので、次版では、信号を工夫して印刷することにしますね。


#IchigoJam #IchigoHam #自作室
    



こどもパソコンIchigoJam(※)を2台使って、キーボードへ打った文字がモールス信号で赤外線で送信され、受信側で受信したモールス信号を解析した文字がモニターに表示される「赤外線モールス通信機」の続編です。(※):IchigoJamについてはこちらをご参照。

前回はデジットさんの「赤外線モールス通信機」パーツセットのハード・ソフト(+修正版)そのままので試しましたが、今回は自分なりに少し変更を加えてみました。

動画をご覧ください。


なかなかうまく動いています。

手前のキーボードが付いていのが送信部。キーボードに打った文字がIchigoJamでモールス信号なり赤外線ダイオードから赤外線で送出されます。
奥の小型モニターがつながっているのが受信部。受光素子(フォトトランジスタ)で受けた信号を検波したモールス符号をIchogoJamで文字に変換しています。
プログラムは(懐かしい方には懐かしい)BASIC言語で組まれています。
これからもっとハード、ソフト面のいろんな機能を追加してみようと思います。

前回からの主な変更点】

◆送信部:
・赤外線LEDの駆動ポートをSOUNDからOUT 5に変更。(ブザーを外した代わりに抵抗を追加)
・赤外線LEDは、(SOUNDのBEEPに替えて)PWMで駆動。(PWM 5,10,20 =カットアンドトライで決定)
・SOUND端子はブザー専用にし(ブザーはIchigoJamのCN3に挿入)ブザー音は聴きやすいトーン に変更。 (SOUND 13,*)
・送信スピードを前回の倍速にアップ。(受信部の解析部もそれに合わせて変更)

◆受信部:
・モニター表示の文字を大きくした。(VIDEO 3)
・単点の表示文字を"."(ピリオド)から ”・”(中点=CHR$(165) )に変更。
・スクロール処理を変更し、受信した符号の横スクロールも追加。

なお、使用したIchigoJamのバージョンは、IchigoJam TとSでファームはVer.1.3.1です。

ー・・・ー
前回の記事も併せてご覧ください。→  IchigoJamでモールス:デジットの「赤外線モールス通信機」 を試してみました(動画あり)

・IchigoJamについてはコラム「IchigoJamってなに?」をご参照。

・このブログのアマチュア無線関連のIchigoJamの記事をまとめました。⇒   IchigoHam = IchigoJam x Ham Radio

#IchigoHam #IchigoJam #自作室
    




IchigoJamを2台使って、キーボードへ打った文字がモールス信号で赤外線で送信され、受信側で受信したモールス信号を解析した文字がモニターに表示される・・・といった赤外線モールス通信機デジットさんからパーツセットとして発売中)を試してみました。

この「赤外線モールス通信機」セット、実は3年前に購入してそのままだったのですが、今回、IchigoJamのファームウェアを最新のV1.3.1にバージョンアップしたのを機に、新バージョンでの動作検証を兼ねて試したものです。

動画をご覧ください。


というわけで、IchigoJam V1.3.1でも「赤外線モールス通信機」が動作しました。

今回は、安定動作第一にとデジットさんの資料の対策プログラム(動作安定対策にビープ音を高く、符号スピードを遅くしている。IchigoJam V.1.2.2までで動作検証済。)と回路の対策を全て施して実験をしましたが、処理の高速化がされたV.1.3.1を前提に、プログラミングをしなおして、モールス通信スピードの向上やいろんな機能追加をして、この「赤外線モールス通信機」がより実用的で魅力的なものに改善ができたらいいな、と考えています。


IchigoHam = IchigoJam x Ham Radio。典型的なIchigoHamネタですね。

ー・・・ー
特記事項と写真:

・使用したパーツセット:
IchigoJam電子工作パーツセット 赤外線モールス信号機 送受セットMORSE-jamPデジット

・修正版の説明書:
デジットさんのブログのIchigoJam「赤外線モールス通信機」の通信改善についてで、修正版の説明書が公開されていたので印刷して参照。

・回路:
パーツセットに同梱の説明書の通りにブレッドボードで組み立て。
 但し、修正説明書の受信部 回路図(修正版)に従って受信部のR4は10KΩに変更。

・プログラム:
修正版説明書の上級プログラム(修正版)を入力。
なお、受信側プログラムの170行の「K=1」は「J=1」に修正。←説明書の誤植??。
(この修正をしなくても動作は大丈夫ですが、受信側が起動時に”ERR”表示になることがありました。)

パーツセットの中味


別途用意したもの
IchigoJam2台、ブザー(IchigoJamに付属のもの)、
10KΩの抵抗、修正説明書


ちょっと迷った送信側の2つのLEDの区別
(左の大きい方が赤外線LED、右の小さい方が白色LED)


送信部側


受信部側


送信部の赤外線LEDと受信部のフォトトランジスタはL字に曲げて向い合せ




#IchigoHam    #IchigoJamでモールス #IchigoJam #自作室
    



最近はなかなか電子工作の時間が取れませんが、久々にKiCadで基板設計の真似事をしました。 ( まあ、ボケ防止が主目的ですが・・・)



IchigoJamの拡張用ユニバーサル基板です。3年前に作ったキーヤーインターフェースの改良版を作ろうかと思まして。

上手くいけば、ここでご紹介します。

#IchigoJam #IchigoHam #KiCad #自作室
    



赤外線モールス通信機 - 赤外線も無線ですよねって記事を書いたのは3年以上も前で、その時にデジットで買ったキットがそのままになっています。

まさにIchigoHamネタなのでそろそろ試して見ようかと。リリースされたIchigoJamV1.3.1での動作検証も兼ねて。と思う今日この頃です。

#IchigoJam #IchigoHam #自作室
    



IchigoJam x アマチュア無線の「IchigoHam」ネタの記事です。


前回のIchigoJamを使ってID-31の周波数をテレビの画面に拡大表示してみた で、IchigoJamと無線機(ICOM社のCI-V)のインターフェースを試み、とりあえず連携は成功をしましたが、一部課題が残っていました。

IchigoJamがインターフェース回路(TXDとRXDがループ)の信号をキーコマンドと認識し、最悪暴走をしてしまう問題がありました。これを回避するためには、プログラムを一旦SAVE0して自動実行(ボタン+電源ON)で起動する必要がありましたが、これではいろいろなプログララムを試すには面倒でした。

そんな折、嬉しいことにインターフェース回路の解決策のアドバイスをTwitterメッセージでいただきました。OUT6(起動/リセット後は0=LOWになる)を利用してRXDをマスクして、UART初期化後にOUT6を1=Highにするというものです。
なるほど。流石です。ありがとうございました。

頂いたアドバイスを基にIchigoJamとICOM CI-Vのインターフェース回路の改善実験をしました。 その結果、

回路図はこうなります。

プログラムは前回のプログラムに、第25行の”OUT 6,1”の一行を追加するだけです。


・・・
20 UART 0,1:BPS 4800:CLS:CLV:VIDEO 3
25 OUT 6,1
30 UART 1,0:LC 0,-1:PRINT CHR$(#FE);CHR$(#FE);CHR$(D);CHR$(#E0);CHR$(#03);CHR$(#FD);:UART 0,1:GOSUB 100
・・・



これで、いちいち自動実行をしなくても、普段通りにIchigoJamの電源投入しプログラムして「RUN」で問題なくできるようになりました!!


このインフェースの改善でプログラミングが数段やりやすくなりました。周波数のテレビ表示に加えていろんな無線機/IchigoJamの連携を試してみたいと思います。


前回の記事動画も併せてご覧ください。
IchigoJamを使ってID-31の周波数をテレビの画面に拡大表示してみた




#自作室 #CI-V #電子工作 #アマチュア無線 #IchigoJam #IchigoHam

    





にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 アマチュア無線へ

このブログのTopへ


------こちらもよろしく!------

ハム川柳.詠み人知らず.com
ハム川柳.
詠み人知らず.com

カムバック・ハム・
ハンドブック

JO3GBD
ホームページ


最近の記事


  • 本ページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁止します。
  • 本ページの内容を予告なく変更する場合があります。
  • 本ページに掲載されている内容のご利用に関してはご自身の判断と自己責任でお願い致します。
  • このホームページはリンクフリーです。
  • Copyright (C) 2005-2018 JO3GBD.  All rights reserved.

トピックス

新刊:CQ ham radio カムバックハム全集

便利な検索窓集

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このブログを検索


免許情報楽ちん検索
© JHøMGJ

QRZ callsign lookup:
Callsign lookups provided by qrz.com

楽天で探す
楽天市場





















  • 本ページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁止します。
  • 本ページの内容を予告なく変更する場合があります。
  • 本ページに掲載されている内容のご利用に関してはご自身の判断と自己責任でお願い致します。
  • このホームページはリンクフリーです。
  • Copyright (C) 2005-2019 JO3GBD.  All rights reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]
  • CQ ハム アマチュア無線